看護師寮でワンランク上の看護師生活を

部屋を借りるよりも寮の方がお得な理由

寮だからこその安心感が強み
寮だからこその安心感が強み

賃貸よりも寮の方がお得?

賃貸よりも寮の方がお得?

入寮を考えているなら事前にしっかりと情報を整理しておきましょう。なぜなら、寮にはいろいろなタイプがあり、寮ごとに設備や家賃が異なるからです。また、すべての病院で寮を用意しているわけではありません。寮は病院が行っている福利厚生のひとつです。福利厚生の内容は病院ごとに設定できるため、規模の小さな病院では寮そのものがない場合もあるのです。寮の家賃相場は賃貸アパートやマンションの3分の1~4分の1くらいです。経済的な負担も軽くなるため節約を意識している人が寮を選ぶ傾向が多いようです。

  • 寮ってどんなところ?

    福利厚生の一環として設けられている「寮」ですが、管理費用などもかかるため、中核病院や大学病院など規模の大きな病院で用意していることが多いようです。寮がある病院の求人を見ると、人口が多い東京ですらわずか15.0%しかありません。一番多いのは宮城ですが、それでもその数は全体の21.8%と決して多くありません。福岡に至ってはわずか6.5%しかありません。数が絞られているため簡単には見付からないことを理解しておきましょう。また、寮のタイプによっては入居者が限定されている場合もあります。

  • 寮は2タイプ

    寮にはさまざまなタイプがあり、どのタイプに住むかによってライフスタイルも変わります。寮には借り上げ型と病院所有型の2種類があります。借り上げ型とは一般の賃貸アパートやマンションを病院が借りて、寮として看護師に提供しているものです。相場よりも格段に安い家賃で入居でき、ルールもそれほど厳しくないとあって、近年は借り上げ型の寮が増えています。一方、病院所有型とは病院の敷地内や近くに設置されているものです。共有スペースも多くプライベートの確保が難しくなってしまいますが、生活面のサポートが充実しています。

  • 家賃相場と設備

    ここでは寮の家賃相場や設備についてまとめています。周辺の同じ条件の部屋に比べて寮の方が家賃が低めです。大体3分の1~4分の1くらいなので、10万円の部屋の場合は3万円前後で借りることができます。地域によって差はあるものの、金額が変動しにくい家賃を大幅に節約できるため経済的な負担も少なくなります。また、近年は最新の設備をそろえている寮も多く、快適な生活が送れるようになっています。間取りや設備をイメージしやすいように具体例も紹介しますので参考にしてください。

入寮を迷っている人へ

  • 寮だからこその安心感が強み

    寮だからこその安心感が強み

    看護師は女性が多いのですが、女性の1人暮らしは何かと心配なものです。予期せぬ事故に巻き込まれる可能性もあるため防犯対策は気になるところでしょう。その点、寮はセキュリティ面がしっかりしているので安心して生活できます。

  • 家賃相場と設備

    家賃相場と設備

    気になる家賃と設備について見ていきましょう。地域や病院の規模によって差はありますが、周辺の同じ条件の部屋に比べて3分の1~4分の1の金額です。また、設備も寮ごとに充実度が異なります。

  • 寮ってどんなところ?

    寮ってどんなところ?

    看護師寮とはどのようなところなのかを分かりやすく説明しています。近年の看護師寮は外観や設備が整っているところが多く、防犯対策もしっかりしているため希望者が殺到しています。

pagetop