看護師寮でワンランク上の看護師生活を

前もって確認しておきたい、寮生活の心得

注意しておきたいこと
注意しておきたいこと

入寮前に確認しておくことは?

入寮前に確認しておくことは?

ここでは入寮前に知っておきたい情報をまとめています。家賃が安く防犯対策もしっかりしている寮は女性の1人暮らしにも安心です。管理人が常駐しているため何かあった時もすぐに対処してもらえます。また、同じ職場の人もたくさん入居しているため困ったことがあってもすぐに相談できます。しかしその反面、公私の区別がつきにくいなどのデメリットもあります。実際、職場に近いからこそのデメリットを大きく感じて転職している人もいます。

  • 寮だからこその安心感が強み

    ここでは寮のメリットについてまとめています。少し前までは寮といえば古くて汚い部屋も多かったのですが、最近は内装や外観もきれいに整えられており生活しやすいようになっています。オートロックや監視カメラなどセキュリティ面もしっかりしているため、女性の1人暮らしも安心です。また、住人のほとんどが同じ看護師ということで夜勤にも理解があります。ただし、理解があるからといって何も配慮しないままだとトラブルに発展してしまう可能性があるので注意しましょう。

  • 注意しておきたいこと

    さまざまなメリットがある寮ですが、本当に暮らしていけるかどうかは別問題です。いくら便利でも古くて汚い部屋では心が休まらないでしょう。また、住民には同じ職場の人たちも多いためトラブルは避けたいものです。寮ごとにルールが決められていますが、ルールを守らなければトラブルに発展する可能性もあります。そうならないためにもどのようなルールがあるのかを事前に知っておきましょう。いろいろ調べてもまだ不安を拭えないなら見学して実際に確かめてみるといいでしょう。

  • デメリットもある

    メリットばかりが目立ちますが、当然デメリットもあります。ここでは寮のデメリットについてまとめていきます。寮のデメリットは何といっても公私の区別がつきにくいことでしょう。住民には職場の同僚や先輩、上司がいます。休日も顔を合わせることになるため、かえって気を遣ってしまいゆっくり休めないと感じる人もいるようです。また、病院のすぐ近くにあるため、緊急時に呼び出されやすい、救急車のサイレンの音が聞こえて落ち着かないというデメリットもあります。

  • 体験談もチェック

    実際に寮生活の経験がある先輩たちの声を見ていきましょう。メリット・デメリットをしっかり把握していても、暮らしてみなければ分からないこともたくさんあります。「寮でよかった」と思った先輩の声と、「失敗した」と思った先輩の声をそれぞれ紹介します。寮でよかったと思ったAさんは防犯対策がしっかりしているところを評価していました。女性の1人暮らしは何かと心配なものですが、オートロック完備で管理人が常駐していたため安心して1人暮らしを満喫できたそうです。

入寮を迷っている人へ

  • 寮だからこその安心感が強み

    寮だからこその安心感が強み

    看護師は女性が多いのですが、女性の1人暮らしは何かと心配なものです。予期せぬ事故に巻き込まれる可能性もあるため防犯対策は気になるところでしょう。その点、寮はセキュリティ面がしっかりしているので安心して生活できます。

  • 家賃相場と設備

    家賃相場と設備

    気になる家賃と設備について見ていきましょう。地域や病院の規模によって差はありますが、周辺の同じ条件の部屋に比べて3分の1~4分の1の金額です。また、設備も寮ごとに充実度が異なります。

  • 寮ってどんなところ?

    寮ってどんなところ?

    看護師寮とはどのようなところなのかを分かりやすく説明しています。近年の看護師寮は外観や設備が整っているところが多く、防犯対策もしっかりしているため希望者が殺到しています。

pagetop