看護師寮でワンランク上の看護師生活を

寮生活の経験がある先輩たちの体験談

デメリットもある
デメリットもある
体験談もチェック

体験談もチェック

寮での生活についてある程度はイメージできていると思いますが、「生活してみると全然違った」という声もよく聞きます。実際のところはどのような感じなのでしょうか。寮生活の経験がある先輩たちの声を紹介します。

「寮のよかったところ」

「寮のよかったところ」

Mさんは自宅から職場が遠かったため寮で暮らすことにしたそうです。家賃は月1万円ほどと周辺の賃貸物件よりも安かったのですが、あまりの安さにはじめは汚くて古い部屋だと思っていました。しかし、実際に部屋を見てみると、新築で冷蔵庫やエアコンなどの設備も整っており、思っている以上にきれいだったので、賃貸物件を借りるよりもお得だと感じたそうです。
Cさんが入居しているのは共有スペースのある寮でした。キッチンやお風呂、トイレが共同だったため、他人と一緒に生活することをはじめは不満に思っていたそうです。しかし、暮らしていくうちに「この寮でよかった」と思うようになりました。寮には先輩も住んでおり、悩みを相談したり、点滴や採血のコツを教えてもらったり、疾患について勉強会を開催してもらったりと職場以外でもコミュニケーションを取ることができたからです。1人で悩むこともなく有意義な時間を過ごせたそうです。確かに、共有スペースがある寮はプライベートに干渉されることもありますが、職場以外で交流を深めることができて仕事にもいい影響がありました。今では先輩たちを見習って、後輩と楽しく寮生活が過ごせるように気を配っているそうです。
女性の1人暮らしに不安を感じていたAさんは、防犯対策のしっかりしている借り上げ型の寮に入寮しました。管理人が常駐しているため、何かあってもすぐに対応してもらえ、オートロックも完備されているため他人が敷地内に侵入することもありません。安心して憧れの1人暮らしを満喫できたそうです。

「不満に思ったことは?」

「不満に思ったことは?」

Kさんは新築で家具付きの寮に入居しました。家賃は2万円でしたが1万円の住宅手当が付いており、実質1万円しかかからないということですぐに入居を決めたそうです。しかし、外観がきれいで設備もしっかりしていましたが、壁が薄いことに暮らしはじめてから気付きました。隣人の生活音が聞こえてくるためゆっくり休めず、我慢の限界がきて結局賃貸アパートを借りて引っ越したそうです。
病院から歩いて5分ほどのところにある寮に住んでいたEさんですが、あまりに頻繁に呼び出されるため、違う職場に転職したそうです。「近いから」という理由だけで、人手が足りない時に呼び出されたり、急に休んだ職員の代わりに出勤したり、と契約とは異なる勤務状況に嫌気が差してしまいました。「通勤時間が減って楽だ」という理由で寮を選択しましたが、理不尽な呼び出しばかりで心がすり減り、ストレスが溜まってしまったのです。

入寮を迷っている人へ

  • 寮だからこその安心感が強み

    寮だからこその安心感が強み

    看護師は女性が多いのですが、女性の1人暮らしは何かと心配なものです。予期せぬ事故に巻き込まれる可能性もあるため防犯対策は気になるところでしょう。その点、寮はセキュリティ面がしっかりしているので安心して生活できます。

  • 家賃相場と設備

    家賃相場と設備

    気になる家賃と設備について見ていきましょう。地域や病院の規模によって差はありますが、周辺の同じ条件の部屋に比べて3分の1~4分の1の金額です。また、設備も寮ごとに充実度が異なります。

  • 寮ってどんなところ?

    寮ってどんなところ?

    看護師寮とはどのようなところなのかを分かりやすく説明しています。近年の看護師寮は外観や設備が整っているところが多く、防犯対策もしっかりしているため希望者が殺到しています。

pagetop